直葬手順と手続き

直葬を決める前に、これだけは知っておきたい5つのポイント

ポイント1. 大阪市内の火葬場はすべて市営です。

続きを表示する

ポイント2.火葬は法律で決められていることがあります 。

続きを表示する

ポイント3.火葬場には食事をする施設がありません。

続きを表示する

ポイント4.火葬場でもご遺体の安置が可能です。しかし…。

続きを表示する

ポイント5.病院から直接火葬場へは行くことができません。

続きを表示する

この5つのポイントは必ず知っておいてください。
特に、問題となるのがポイント5です。
直葬をお考えの方は、メディアによく言われているような、病院から火葬場へ直行は大阪市内ではほとんど無理だということがお分かり頂けたと思います。

よって、ここで決めておくべき選択肢があります。

選択肢1.ご自宅に搬送する。

隣人の手前、問題ないようでしたら、ご自宅に故人様を搬送し、
そこで納棺をしたあと24時間待ってから火葬場へ出棺します。

ご自宅に安置する場合の手順
選択肢2.病院で納棺することをお願いしてみる。

霊安室がない病院でも、ご遺族がお願いすれば許可をしてくれた病院が
現実にあります。お願いしてみることも選択肢の中に、いれておくべきです 。

ご自宅に安置する場合の手順
選択肢3.市内にはご遺体安置施設がございます。

市内には、ご遺体を一時的に預かってくれる施設が2か所あります。
いずれも24時間体制で、なおかつ費用も1日15,750円となっております。
さらに、保冷の施設ですのでドライアイスの費用と相殺できるので経済的で、
直葬をお考えの方だけでなく、マンションなどの住宅事情でご自宅に安置できない
方も利用されています。一日中、職員の方が交代でご遺体の保全を管理しているの
で、安心できる施設として今後、こういった施設が増えてくると思います。

安置施設に搬送する場合の手順火葬場にて直接待ち合わせする場合の手順
選択肢4.当社でもご遺体をお預りしております。

当社にも安置施設があり、深夜の安置も可能です。
大切な故人様をお預かりする事ができます。直葬をお考えの場合は、
ご利用ください 。

安置施設に搬送する場合の手順火葬場にて直接待ち合わせする場合の手順

上記のことを選択しながら、直葬の流れや手順が決まってまいります 。

ご自宅に安置する場合の手順安置施設に搬送する場合の手順火葬場にて直接待ち合わせする場合の手順
葬儀を終えた後に
お問い合わせ・受付


 
▲ページのTOPへ
ご葬儀のさまざまな知識
ご葬儀前に知っておきたい
さまざまな情報を掲載しています。
ぜひご一読ください

ご葬儀の前に知っておきたいこと
大阪ならではのお葬式マメ知識
お墓・仏壇の選び方